« 自分なりに考えました | Main | はみだしデカ »

電話セールス

昨日すっかりお疲れ気味の私に電話がかかってきた。
「突然のお電話申しわけありません。小学4年生のお子さんのお母様ですか?」
どこからそんな情報が漏れているのか、相変わらずこの手の電話が多い。
上の娘も受験生なので同じような電話がかかってくるが、「大学は自分で努力して
行ってもらいます!」というと、時間のむだだと思うのか電話は終わる。

しかし下の子の場合、「今は自分で進んでやっていますから~」くらいでは切ってはくれない。
だんだんエスカーレートしていって昨日は「お母さん、もし高学年になって成績が落ちたときはどうするんですか!」なんて言って来る。
ここまで言われるとさすがの私もぶち切れそうになる。
「いいです、そのとき考えますから!本人がその気にならないと勉強は身に付くわけないので私がその気になっても意味がないです」
と言って電話がやっと終わった。

こんな電話が毎週かかってくると本当に嫌になる。
個人情報保護法とやらが施行されてこの手の電話は減るのでは~と
期待したのだが・・・。
唯一、電話の最後に「スミマセン、リストからうちの名前消してください」
というと、とりあえずは「わかりました」と言ってくれるようになったけれど、実際は
どうなんだか。

ふと、これがこんな電話だったら・・・・と考えた。
「突然のお電話申しわけありません、poohさんのお宅はわんちゃんを飼ってらっしゃいますよね。しつけなどの面で困っていらっしゃることはありませんか~。
これからお散歩が始まって、よその犬とトラブルになったり、人を噛んだりしたら
困りますよね~こんな講座があるんですけどよろしかったら受けてみませんか?
見違えていいわんちゃんになりますよ~」

今の私ならほいほい行ったかもしれない(笑)
※これは笑うところです!ご心配なく!

P1000520 正しい眠り方

P1000525 おかしな寝かた
私はできません

|

« 自分なりに考えました | Main | はみだしデカ »

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事