« 冬のお散歩 | Main | 体の変化 »

しつけ教室1回目と病院

土曜日からしつけ教室に通い出しました。
夫はしつけ教室には通わなくても大丈夫だといって乗り気ではありません。
でも、犬を見ると興奮する慎之介を毎日見ている私は
通って少しでも落ちつくなら・・・という気持ちでした

行ってみると外の囲われた芝生にわんちゃんが集まっていました。
はじめては慎之介だけのようです。
バーニー、トイプー、チワワ、コーギー、ミニピンなど慎之介を入れて7頭です。
みんな成犬なので、小さい慎之介をかわいがってくれました。

最初はリードの持ち方から始まり、歩行練習。
必ず左に座らせて、「行くよ」「GO」など声をかけ左足から歩き出します。
慎之介は犬の匂いが気になって満足に歩いてくれません。
でも、先生が「5ヶ月はこれが普通ですよ」と皆さんの前でおっしゃってくださって
私も気が楽になりました。

そのあとマズルコントロール。後ろから慎之介を抱きマズルを軽く持って上下左右に動かし
動かす度に「マテ」と声をかけおとなしくさせるようにします。
そのあと向かい合わせに座り前足を持って「マテ」と声を掛けます。
これは、最初は短い時間しかできないのですが、じたばたする前に褒めてやめる。
次回も「マテ」と声を掛けじたばたする前にやめる・・・と言うことを繰り返しながら
長い時間できるようにしてくださいと言われました。
両方とも1日1回はするように・・・でした。

そのあとはおやつが配られオスワリ、フセの練習です。
慎之介は配られたおやつが相当気に入ったのか、今度は脇目もふらず
言うことをききます。
コーギーはフセが教えやすい犬種ですとも言われました。

おやつを使って教える注意点としては、
コマンドなしでおやつをあげてはいけない。
ご褒美をあげたりあげなかったり、と言うことはしない。
成功して終わらせる。
当分の間は「オスワリ」「フセ」以外は教えない。
慎之介の場合「ゴロン」はしばらく封印です。

次に「止まれ」「スワレ」を途中に入れての歩行訓練をしたあと
ノーリードで遊ばせました。
慎之介はノーリードにしたことがなかったのですが
「気にせずはずしてください、何かあったら私がなんとかします」
と言ってくださってはずしてみました。
慎之介はずっと気になっていたコーギーのところに一目散に行って遊んで攻撃をして
いましたが、逃げられ、次々とわんちゃんのところに行っては嫌がられていました。

そのあと、お店でお茶を飲んで色々なお話をする時間があったのですが
下の娘がこの日熱を出して留守番をしていたので、残念ながら帰ってきました。
来週は色々なお話を伺ってきたいです。

夫はその間ずっと見ていたのですが、やる気のなかった夫が
家に帰るなり練習だ~とすっかりその気になっていました。
私は知識で知っていたことも、実際他のわんちゃんと一緒に先生についていただいて
教えていただけるとちがうな~と思いました。
とりあえずは、続けて行ってみるつもりです。

夕方は慎之介の病院に行ってフィラリアの薬をもらってきました。
maggyさんが気になさっていたソファーの飛び降りですが
騒いで興奮して何度もするなら別ですが、それ以外なら気にしなくても
いいそうです。
それより、階段の上がり下りは徐々に負担が積み重なってくるので
できるだけさせない方がいいですといわれました。

体重も8.1㎏になっていましたが、どうもbigコギにはならないようです。
先生はせいぜい10キロくらいだと思いますよ~との事でした。
夫は大きなコギになってほしかったらしくて残念そうです。
タマもやっぱり1個しかありませんでした・・・。

DSC_0145_edited-1 おすまし慎之介

視線の先にある物は・・・何~?

↓教室のあとはお疲れ~

DSC_0133_edited-1

|

« 冬のお散歩 | Main | 体の変化 »

「ペット」カテゴリの記事