« 動物病院・しつけ教室・ドックラン | Main | 母と慎之介 »

頼れるM子さん

義弟のところには今、訓練士の方が週に1度来ています。
もと、盲導犬の訓練士さんで、訓練したラブちゃんもたくさんいるそうです。
義弟のところは、お嫁さん(M子さん)が主に躾を担当しています。

初代黒ラブ(今年1月に虹の橋を渡りました)は、訓練所で預かってもらったのですが
体調を崩してしまい途中で連れて帰ってきました。
帰ってきたとき、人間不信になっていたようです。
神経質な犬だったせいもあり、人や犬とうまく接することが
できない犬になってしまいました。
M子さんは関係を回復するのに時間が掛かったと言います。
義父が病に倒れた事もあって預けることにしたのですが、
今でも後悔しているようです。

そのこともあって、今度迎えたビット君は人にかわいがられ、犬と遊べる犬にしたかったそう
です。

P1010229ビット君は、慎之介と似ていてとても陽気な性格で
誰にでもしっぽを振り、ワンコも大好きです。
慎之介との相性もまるで兄弟のようにバッチリです。

私にとってM子さんは慎之介のことで色々相談でき
るありがたい存在です。
今、私が持っている不安、これからどうしたら
いいのか、思っていることを聞いてもらいました。

2頭めの彼女でさえ不安を持っていて、訓練士さんが
連れてくるラブちゃんをみて落ち込んでいたようです。

私はといえば自分の事を話すとなぜかすっと気持ちがラクになりました。
子育てと同じで、いつも向かい合ってばかりだと息も詰まります。
子どものいいところが見えなくなります。
きっと、M子さんも私に話して少し気が楽になったと思います。
いつも電話の最後は、「頑張ろうね♪」と励まし合います。

昨日から、私だけでなく家族全員で躾をしてもらうよう、頼みました。
以前はおもしろがってやっていた下の子も今では私に任せきりでした。
慎之介は家族なんだから、みんなで育てていく・・・みんなで頑張らなくちゃね♪

|

« 動物病院・しつけ教室・ドックラン | Main | 母と慎之介 »

「ペット」カテゴリの記事