春はどこに行った?

これは昨日の朝の風景。
娘の部屋の窓から撮った物。

050331_001


こちらは今日の朝、同じ場所を撮った物。
昨日の雪は日中とけてしまっているのにそれ以上に降っていた。
札幌市は積雪21センチとニュースで言っていた。


050331_002

こんなに雪が降るなんて・・・・。
私の記憶ではゴールデンウィークあたりに雪が降ったことが
あったような・・・・。
学校のグラウンドも雪がどっさり残っていた。

春はどの辺にいるのでしょう?

|

プロ野球開幕

昨日からパ・リーグが開幕し我が北海道日本ハムファイターズも
福岡ソフトバンクと戦ったのだが残念ながら2連敗。
やはり今年も投手陣がブレーキになるのかと心配。

ファイターズを応援していて気になるのはやはり
ジャイアンツ戦中心のテレビ放送。
パ・リーグの試合はNHKくらいしかやっていない。
それでも、昨シーズンは地元ということで札幌ドームでの
休日の試合は放送していた。
今年は去年以上の放送を期待したい。

今日の試合も5時間以上の長いものだったので
当然途中で終わってしまい残念な思いをしていたが
今はなんとインターネットで映像を流しているんですねぇ。

福岡ソフトバンクホークスのオフィシャルサイトからしっかり最後まで
見ることができすごいな~と関心。
yahoo!BB会員でなくても見られるので得した気分。
これでヤフードームでの試合はバッチリかも。
画像が少々小さいがただなので我慢(笑)

明日からは地元札幌ドームでの試合!
こんなに寒い札幌で風邪ひいたりしないでよぉ~新庄さん。

|

地震

北海道に住んでいる人にとって地震は
慣れっこになっているくらい頻繁におこる。

午前中も留萌地方で地震があった。
大きな地震は札幌ではそうないが震度1程度の揺れは結構
多い。
そうとはいえ、何年かに1度十勝沖や釧路方面でおこる大きな揺れは
本当に恐ろしい。

私が田舎に住んでいるとき震度3~4程度の揺れだと思うのだが
日中ぐらっときた。
私は友達と茶の間でおしゃべりをしていたときだった。
あろうことか一緒にいた母は私たちをほったらかしてさっさと外へ
避難してしまったのだ。
本当にとんでもない母なのだ。
当時は「あ~おっかなかった」でおわったが、
わたしはその時自分の身は自分で守らなければ、ということを
学んだような気がする。

きっと母は忘れているだろうな・・・。

|

野菜博士・相馬暁さん

今朝の新聞で相馬暁さんがお亡くなりになったことを
しりました。

「野菜博士」といわれローカルテレビで野菜について
おもしろいお話をたくさんなさっていました。

すい臓癌とわかってからも治療を続けながら
教壇にたち、あるいは新聞紙面で私たちにたくさんのことを
伝え、教えてくださいました。

北海道新聞で連載されていた、がんと向き合う
はとても暖かいエッセイでした。
私はそれを毎週楽しみにしていました。

ご冥福をお祈りします。

|

札響ポップスコンサート

 昨日はかねてから行きたいと思っていた
札響ポップスコンサートに行ってきました。

今回は昼の部と夜の部の2回があり、高校生の娘に
早退させて昼の部を一緒に聞いてきました。

年齢層が相当高く私は若い方だったような気が・・・。
曲目もシニアの方が楽しめるものが多かったようです。
ただお馬鹿な私たち親子は、メドレーでオレンジレンジの「花」と
福山雅治の「桜坂」を演奏したときに、どこで桜坂の曲に
変わったのかがわからなくて???でした。

メドレーの中では森山直太朗の「さくら」が良かったかな。

尾高忠明さんの指揮は初めてでしたが、とても素敵な
方でした。
スマートな話し方に、穏やかで優しそうな人柄が
感じられファンになちゃいました。

ゲストの羽田健太郎さんは、本当に熊さんみたいな手で(失礼)
ピアノを弾いていました。
テレビドラマの砂の器の中で主人公が弾いていた
「宿命」を弾いてくださったのが素晴らしかった。

次回は7月25日にkitaraであるようなので楽しみです。


|

雪がなくなって・・・

昨日やっと排雪され、道路が広くなり子どももうれしそうに
学校に行った。

しかし、札幌は雪がなくなるととたんに路駐が増えるのだ。
案の定近くの道路は車がずらりならんでいた。

夜になればおかしな奴らが爆音とともにやってきて
ものすごいスピードで通り過ぎていく。
春になると冬眠から目覚めるようでどこからか集まってくる。

目覚めるのは暴走族(今はなんていうのか?)
ばかりでなく、変質者もそうらしい。
我が家の娘も露出した男に声をかけられ血相をかえて帰宅したことがある。
警察も最近はとても対応が良く電話するとすぐ家まで来てくれて
パトロールをしてくれた。
この辺は一見のどかな感じだが本当に物騒なのだ。

おまけに雪がとければその下からゴミがわんさか顔をみせるので
町内会では一斉にゴミ拾いもしている。

春はなんとも落ち着かない。

|

春が少しだけ・・・。

 今日も札幌は真冬日でした。
3月ももうすぐ半ばというのに気温が上がる気配が
あまりない。
当然寒いと雪がとけない。
我が家の前の道路も雪で車一台がやっと通っているような
ありさまだった。
それが今日やっと除雪が入り道路が顔をだした。

パートナーシップ制度というもので
私の住んでいる町内会も数年前からやっているのですが
これが大変助かる。
南向きの道路なら雪解けも早いのだが北向きの道路はなかなか
とけず春はぐちゃぐちゃで自転車にものれない。

なんだか春が少し近づいたようなきがする。

|

ようこそ、しばれる札幌へ!

先週末どっかり雪が降ってうんざりしていたら
今日はすっごく冷え込んで我が家の玄関の
寒暖計が午前10時頃、-11度でした。

ここまで冷え込むと歩く時きゅきゅっと音がする。
息も真っ白で、「冬はこうでなくっちゃ!」と私はなぜかうれしくなる。

その寒さの中、サッポロファクトリーへ行ってきた。
結局ほしい物がなく、ふらふらしていたらなんかおばさまたちの
黄色い声が聞こえた。
なんでこんな時間にこんな場所でおばさまたち????と思っていると
ヨンさまの写真展をやっていたのでした。
そういえばテレビでアホなローカルアナウンサーがヨンさまの
かぶり物をしてこのPRのため出演していたのを思い出した。
この寒いのにみんな元気だわぁ(笑)

それから大通りにでると今度は顔は日本人なのに
何をしゃべっているのかわからない人たちに遭遇。
雪祭りも近いせいなのか、韓国、中国の観光客
がたくさん札幌に来ているみたい。

続いて今度はおそろいのジャンパーを着た集団に遭遇。
最初は何かのイベント用に着ているのかと思ったが
そうではなくて、本州からの修学旅行生でした。
こんな寒いところにわざわざ来ないで暖かいところに
行けばいいのに・・・と声をかけたくなった。

こうした観光客は一目でそれとわかるのがおもしろい。
北海道の人は結構薄着で靴も本州の方と同じような物に
裏を貼って履いたりしている。
でも、本州の人はこれでもか、と言うくらい厚着でまるで
雪だるまのようだ。
スキーにでも行くのかと思うくらい、いやそれ以上の
出で立ちで札幌の中心街を歩いている。

ここは南極かロシアか!?と一瞬錯覚するほどです。

そんなに厚着ではホテルや家の中ではきっと暑くて
いられないはず・・・。
これから札幌にいらっしゃる方、北海道の家は
どこも暖かいですよ!

|

「Kitaraにきたら見学ツアー」に参加

昨日、かねてから申し込んでいた
「Kitaraにきたら見学ツアー」に行ってきました。

小ホールは一度行ったことがあったのですが
大ホールやパイプオルガンの演奏を聞いたことが
なかったので、娘とわくわくしながら行ってきました。

ツアーは午前と午後の2回に分けて行われたのですが
300人くらいの方が参加なさっていたようです。

まず、小ホールでオルガンの説明と演奏を聴きました。
曲目は バッハ/3つのフーガより 第1番変ロ長調
     平井堅/瞳をとじて

その後大ホールに移動して大ホールの説明を聞き
いよいよパイプオルガンの演奏です。

曲目は バッハ/トッカータとフーガ ニ短調 作品565
          フーガ ト短調 作品578
     平原綾香/ジュピター

P1000071_edited-1

感想はとにかく音が広がってとても迫力のある演奏でした。
娘もとても感動したようで「良かったね」を連発していました。

P1000074

建物については全体が曲線を基調としていて、木をふんだんに
使っているのが印象的でした。
扉や床、手すりどれをとっても贅沢な作りで、それでいて
暖かみがって、心が豊かになるそんな雰囲気でした。


舞台は檜、壁は樺(だったと思います)を使っていました。
あちこちに大理石が使ってあり別世界のようです。

「この建物は札幌市民の財産なのです」と司会の方が
おっしゃっていたのがわかるような気がします。

来月は娘と初めての演奏会に行って来ます。


|

雪国のボランティア

札幌は今年雪がとても多いです。

毎夜除雪車が我が家を揺らしてやってくる。
朝は近くの会社の駐車場にまだ暗いうちから
除雪車が轟音をあげて除雪し始めるので
寝ていられない。

除雪車が通ったあとの玄関前はどこも
堅い雪山ができている。
これをどかすのに一苦労。
向かいのおばあちゃんは一人暮らしだが
雪が降るたび娘さんが車でやってくる。

娘さんといっても私よりは相当年配の方が夜
雪かきをしている姿は頭が下がる思いです。

私も時間のあるときは向かいの家の除雪をするよう
心がけているのですが、これからどんどん一人暮らしの
お年寄りが増える時代に除雪ボランティアの
重要性を強くかんじた。

|

より以前の記事一覧